防犯カメラで不審者に対する警戒心をアピールする

メリットが大きい防犯カメラの設置

これから罪を犯す時、防犯カメラを探してしまうのが犯罪者の心理です。プロの空き巣は、綿密な計画を練って犯行に備えるもの。目星をつけた家の下見を徹底的に行います。そして、犯行に支障をきたす防犯カメラの存在を嫌うのが、プロの空き巣の心理なのです。空き巣の犯行を未然に防ぐには、下見の段階で防犯カメラの存在に気付かせることが大切だと言えるでしょう。

防犯カメラの設置は、予期しないトラブルの防止にもつながります。例えば、車庫の目立つ場所に防犯カメラを取り付けておけば、愛車へのいたずら防止に。さらに日頃から防犯カメラの設置を強くアピールすることで、自宅の庭にゴミなどを投げ込まれるといった、ご近所トラブルによる嫌がらせを抑止する効果も期待できるのです。

マイホームにおすすめの防犯カメラ機能

マイホームを狙う不審者が、日中にやってくるとは限りません。防犯カメラを設置する時は、夜間のカメラの見え方にも注意したいところです。夜間にやってくる不審者には、センサーライト付きの防犯カメラが有効です。人の動きを検知した防犯カメラのライトが、夜間の不審者を威嚇してくれるでしょう。また、屋外に長く設置することになるため、雨に強い防水機能を備えたカメラを選ぶことも大切になってきます。

ネットワークが発達した現在、コンピューター機能を備えた防犯カメラが市場を占めるようになりました。いわゆる「ネットワークカメラ」の利点は、遠隔監視がしやすいことです。タブレットやスマホを操作することで、屋外でもマイホームの様子を手軽に確認することができます。ネットワークカメラを設置する場合は、ハブやレコーダーなどを揃える必要も出てきます。予算との折り合いがつかない時は、ダミーカメラを設置することも検討してみましょう。