周りの家と距離を離して建設できる

広い土地を購入するメリット

広い土地と狭い土地。どちらで家を建てたいかと聞かれた場合、多くの人は「広い土地の方が良い」と答えるのではないでしょうか。建ぺい率や容積率の制限もありますが、土地が広ければ大きな家を建てられてり、設計自由度が高い家を建てたりすることができるでしょう。また、広い土地ならば、周りの家と距離を離して建設することができます。都会だと、隣の家との距離が50センチ程しか離れていないということもよくあります。土地が広ければ、敷地境界からの距離が長くなり、のびのびとした解放感を得ることができるでしょう。土地が広いからといって、必ずしもそれに見合った大きい家を建てなければならないというわけではありません。周りの家と距離を放すことで得られるメリットというのはたくさんあります。

周りの家と距離を離して建設するメリット

家を建てる時の失敗に、「隣の家の影になって光が入らない」というものがあります。日当たりが悪いと、湿りやすかったり、カビが生えやすかったりして、大切な家の寿命を縮めかねません。隣家との距離が離れているほど、採光が良くなります。自然光は、うつ予防や、体内時計の調整にも役に立ちます。また、太陽の光が入れば家も暖かくなり、光熱費の削減にも繋がるでしょう。そして、家が離れているほど音の伝わりも少なく、プライバシーを守ることに繋がります。相手の家からの騒音面で神経質になることも少なくなるでしょう。周りの家と距離をはなすということは、自分だけでなく、相手にとってもメリットになることも多いです。広い土地を購入したならば、家の大きさだけでなく、距離についても考えてみましょう。